塗装工事の流れ

細かい図面

外壁塗装をするときは、塗装工事の流れを知ることが大切です。業者によって、流れは変わりますが、一般的な流れを知ることが出来ます。着工前から工事完了までの流れをしておくことで業者との取引がスムーズにいきます。

塗料の種類を知る

広い部屋

外壁塗装をする塗料は、いろいろな種類があります。たくさんの性能を持った塗料があるので、適切な塗料を知っておくことが大切です。塗料は、耐久性や防水性などの性能が大切になります。

業者を選ぶ

設計図を書く

外壁塗装をするときには、優良な業者を選ぶことが重要になってきます。業者によっては、アルバイトに塗装をさせることもあるので、しっかりと見極めて塗装技能士の資格を持っている職人に依頼するようにしましょう。

塗装役割を知る

カラフルな外壁

外壁塗装をする時には、塗装の役割をしておくことが大切です。役割をしておくことで、塗料や業者を選ぶときに役立てることが出来ます。色々な知識を持っていることで、正しい方法で塗装を行なうことが出来ます。

タイミングを知る

マンションのリフォーム

外壁塗装をする時には、適切なタイミングがあります。タイミングは外壁の症状や部分によって異なります。しっかりと見極めることが重要になります。定期的に点検することでタイミングを知ることが出来ます。

外壁の症状を知る

鉄パイプ

外壁塗装をする時には、外壁の症状をよく見ることが大切になります。外壁は年数によって劣化していきます。亀裂やカビ、藻などが発生することもあります。定期的にメンテナンスをすることで、症状を見ることが出来ます。

住宅をリフォームしている人達

塗装の効果

緑に塗る

快適な暮らしをするために、住宅リフォームをする家庭は多くあります。
住宅リフォームでは、内装や設備などに目が行きがちですが、外壁リフォームも快適な暮らしをするために必要なことの一つです。
外壁リフォームは塗装や修理などを行います。
外壁塗装をする理由として、外壁や屋根は自然の影響を直接受ける部分になっています。
雨や風、嵐、台風、地震などの自然の影響や環境汚染によって酸性雨やダイオキシン、pm2.5などの汚染物質などにさらされています。
いろいろな影響によって、外壁や屋根が劣化していきます。劣化をすると、色々な症状が出てきます。
劣化すると、起こる現象として、防水効果が薄くなり、雨水などを吸収してしまいます。
防水効果が弱くなることで、屋根や外壁に苔が生えることもあります。
また、チョーキングと言って壁を触ると白い粉が手につくこともあります。
劣化をすることによって、色々な症状が出てくるので外壁塗装を行なって改善するようにしましょう。

外壁に塗っている塗装は、紫外線などによって、防水効果が無くなります。
塗料をする際には、顔料と樹脂出できている塗料を塗ります。
紫外線によって、防水効果がある樹脂がなくなり、顔料だけ残ってしまいます。
顔料だけになると、防水効果が失われ、雨などを収集してしまいます。
新築の場合には、塗料が薄く塗られていることもあり、早く劣化することがあるので、チョーキングや防水効果がなくなった時に外壁塗装をすることが大切です。

関連リンク
Copyright(c) 外壁塗装をして雨漏りや劣化を防いで快適な暮らしをしよう